menu
◆TOP
◆ねんきん定期便について
◆ねんきんネットについて
◆基礎年金番号について
◆平均年金受給額について
 

  

SINCE 2015/09/28

  

今さら聞けない人のための年金サイト


  
年金について

老後

とにかく大変な時代となってしまいました。

少子高齢化社会という言葉が使われてから、長い月日が経過していますが、
ますます少子高齢化になっていくことが心配されています。

このことは、単純に人口が減っていくだけでなく、経済全体に影響しますし、
私たちが歳をとってからの収入源として期待している年金にも
深刻な影響を与えます。

若い人の保険料で賄う仕組みとなっている年金ですので、
財源が不足するというわけです。

今、60歳になった人が、ご夫婦で生涯に必要なお金はいくらかというと、
男子が83歳、女子が86歳まで生きるとして、
月々の生活費とたまにに支出する建物補修費や少しの旅行代など
一時的費用を合わせて、一億円を超える金額になっています。

いろいろな研究所や保険会社などが試算していますが、
おしなべて一億円を超えています。

60歳時点で、その金がないと生涯を全うできないということになりますが、
実はざっとの計算で6割くらいは年金で、賄え、
後は退職金と60歳から65歳までの働く収入と、残りが蓄財ということですから、
蓄財は1千万円くらいということになります。

問題は、この計算は今現在のモデルパターンであって、
ときの経過とともに年金額が減少して行くことが予想されています。

自己責任という嫌な言葉がありますが、
嫌でもしっかり受け止めないと大変なことになってしまいます。

地道であっても、蓄財を意識しておく必要がありそうです。



■更新情報

ねんきん定期便について(2015/09/22)

ねんきんネットについて(2015/09/22)

基礎年金番号について(2015/09/22)

平均年金受給額について(2015/09/22)

Copyright 2015 今さら聞けない人のための年金サイト. All Rights Reserved